スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
レッドポイント的思考
2006-05-27 Sat 23:10
今日は山梨の太刀岡山と甲府幕岩へ遠征の予定でしたが

雨のため中止になりました

ファイブテンカップを見に行くか悩みましたが

結局PUMP1でyokoさん、M嬢、Fさんとトレーニングをすることに・・・
今日は6本登って、成果らしい成果は戦艦の11a(39さんNEW課題)位だろうか。

11aは2回目でRP成功!
かなり癖があり1便目は各駅停車
体感グレードは11a/bかな・・・
 
僕のいつもの癖なのだが、オンサイトもしくはフラッシュを逃すと
とたんにテンションが下がってしまう

できるムーブも「駄目駄目~無理」って思ってしまう。それは無駄な体力を使わないでおこうという気持ちの表れなのかも知れない・・・

基本的にオンサイトやフラッシュのトライでテンションが一度入ってしまえば、後は何回テンションが入っても一緒と考えている。それならムーブを探って2回目でレッドポイントした方が良いと思う

今回も各駅停車だったから、自分でもホントにできるの?って思ってしまうが、何故か2回目でレッドポイントできてしまう

多分、性格的に駄目でも最後まで粘るってことができないみたいだ。
「又、次で成功すればええやん」と考えてしまう
ある意味楽天的なのだろうが、考え方によっては諦めやすく粘りが無いとも言える。

これって日頃の行動でも言えるんだな・・・

ここでちょっと人の特性について考察

【オンサイト的タイプ】
未知の事に遭遇しても、手探りながら失敗することなく自分の力で問題解決ができる。先を読む力とねばり強さが必要。ベンチャータイプ。

【フラッシュ的タイプ】
誰もやった事が無い事をするのは苦手だが、類似の成功事例があればそれを上手く取り入れて1度で問題を解決できる。観察力と応用力が必要。優秀な実務家タイプ。

【レッドポイント的タイプ】
何度も失敗とトライを繰り返しつつ、最終的には問題解決ができる。諦めない精神力が必要。楽天家タイプ。

独断と偏見で3つにタイプ分けをしてみたが、僕は「レッドポイントタイプ」のような気がする
正直、「人生、失敗しても最後には俺が勝ねん」って思う事が多いし、「何事も、駄目でもまたトライすればええやん」とも良く考える。
楽天的なのか馬鹿なのか???

個人的にはオンサイトタイプを目指したいのだが、何にしても「ここぞっ」て時の押し切る力が弱い気がする
クライミングにしても11cがレッドポイントの最高グレードだが、10c以上をオンサイトした記憶が1本くらいしかない・・・

う~ん、たかがクライミング、されどクライミング。性格が良く現れている気がする。人生も最後はレッドポイントできれば良いがどうなるのだろうか

とにかく今後は、仕事・恋愛・遊び・etc...すべてに置いて、ねばり強くオンサイトを狙っていこうと思う

仲間のY氏は非常にオンサイト力がある。彼は人生常にオンサイトで押し切ってきたのだろうか。気になるところである

スポンサーサイト
別窓 | クライミング | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<ファイブテンカップの課題 | クライミングでフィットネス♪ | PUMP1>>
コメント
-ぼるにいさんの人生相談室、だっけ?-
うぅっ、耳が痛いっすわ。

私の場合は【レッドポイント的タイプ】 とは思うけど、
決定的な違いは、いかんせん最終的にツメ甘なんよねー
(いろんなシーンで)

これまでも、ここぞっちゅー時はタイミング逸しとるし。
でもふとした瞬間から人って変われるよね。

と、いつになく真面目なhabuでした~

2006-05-28 Sun 00:44 | URL | habujoe #-[ 内容変更]
-共感できるなぁ。-
ツメが甘いって俺自身も感じてる。
したくはないが共感できるなぁ~。

さらに人は変われるって言うのも
共感できる。

でもきっかけを掴めるかどうかは努力と出会いと運次第。
と思ってます。

habuさんに運が巡ってきますようにv-63
2006-05-28 Sun 20:55 | URL | ぼるびっく #-[ 内容変更]
-でるでる。-
確かにクライミングに性格は出ますよねー。

でもさ、おそらく【オンサイト的タイプ】って、そーんなに多くはいないよね、きっと。
まわりからはそう見えても、池を優雅に泳いでいる水鳥のように水面下では一生懸命足ヒレを動かしていたりするよ。

やっぱり努力が実を結ぶってことかなぁと、近頃思います。

仕事・恋愛・・・にオンサイト狙いだなんて、カッコイイじゃん。
応援してまーす。


2006-05-29 Mon 16:44 | URL | M嬢 #-[ 内容変更]
-新しい用語に遭遇-
なるほど、クライミング用語?をすこし覚えました。
得した気分。

校正は浅くても広ーい知識が必要(いつも足りない)なので、常に言葉には臨戦態勢です。クライミングを舞台にした本に出会ったら、いろいろ教えてもらえますね。

「人の特性」を参考にすると、わたしは、確実にレッドポイントタイプ。
スムースには行かなくても Never Give Up でいつか目標クリアできればいい、願えば叶う、っていつも思ってる。
2006-05-30 Tue 01:34 | URL | あかえんぴつ #-[ 内容変更]
-しまった・・・-
>M嬢さん

かっこいい事書きすぎた・・・
僕の場合は、気合い入れてオンサイト狙って核心越えたと
思ったらクリップし忘れてグランドフォールなんて事がある。

難しいね。

結局オンサイトできる人はムーブの引き出しが多いから、土壇場で対処できると思う。やっぱり人生も経験かなぁ。

>あかえんぴつさん

僕と似てますね。Never Give Up !

因みにクライミング用語を少し補足してきます。

【オンサイト】
初見で登るとも言う。岩に対する一切の情報が無い状態で、一度も落ちることなく登り切る事を言う。クライミングでは一番価値のあるスタイル。どう登るかを読む洞察力が必要とされる。

【フラッシュ】
人が登っているのを見たり、どう登るのかの情報を得た状態で一度も落ちることなく登り切ることを言う。1回で登り切るのはオンサイトと変わらないが、どう登ったらよいかを知った上でのトライなのでオンサイトより価値は低い。

【レッドポイント】
2回目以降のトライで登り切った時はすべてレッドポイントという。2回目でも100回目でもレッドポイントという。難しい岩も何回もトライしてれば登り方が判ってきて登れるようになるんですねぇ。

僕らはロープを使ってクライミングをするので、岩から落ちてもロープが体を確保してくれるんです。だからいつも落ちる場所だけ反復して練習することもできる。でもロープがなければ落ちて死にますよね・・・そう考えると一度で登り切るオンサイトというスタイルは価値があると思います。


例外としてロープを使わずに登る【フりーソロ】というスタイルもある。これは落ちたら即死につながる・・・もちろん普通の人はやりません。
2006-05-30 Tue 06:54 | URL | ぼるびっく #-[ 内容変更]
--
解説してくださってよけいよくわかりました。
ありがとう。

ロープがなければ命がけなんですね。
ロープがあったって、落ちればけがしそう。
「クリフハンガー」という映画思い出しました。
私には一生できそうにありません。

恥ずかしながら、高いところが怖いのです。
飛行機に乗るときは、絶対窓際は座らない。
吊り橋はひとりで渡れない。
こればかりは、克服できなくて……
2006-05-30 Tue 09:29 | URL | あかえんぴつ #-[ 内容変更]
-恐いッスね。-
高い所、たしかに恐いッスね。
僕も恐い恐いとビビリながら登ってます(^o^)

飛行機や吊り橋はOKですが、僕は観覧車が苦手ですね・・・
2006-05-31 Wed 06:37 | URL | ぼるびっく #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| クライミングでフィットネス♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。