スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
ヒッチハイクⅡ
2006-05-08 Mon 08:28
ヒッチハイク宣言の結果発表。

無事、小川山金峰山荘まで到着!計5台の乗り継ぎでした。

所要時間9時間。なんと通常の3倍かかったねぇ。

だらだら長いですが詳しくは・・・
ルートを簡単に説明

00:00 浜松町スタート
2:30 銀座にて1台目に乗車~中央道 双葉SAまで
4:30 中央道 双葉SAにて2台目に乗車~須玉ICまで
6:30 須玉町にて3台目に乗車~野辺山まで
8:00 野辺山にて4台目に乗車~川上村まで
8:30 川上村にて5台目に乗車~金峰山荘到着

結構かかったよなぁ。
車別に見ると

1台目 レガシー 
2台目 セルシオ
3台目 エルグランド
4台目 ダンプカー
5台目 2トントラック

バラエティにとんどりますなぁ。

ではでは詳細はこんな感じです。 

::::スタート::::
浜松町の自宅から00:00スタート。ホントは21:00位に出発したかった。そうすれば信州方面へ帰る車が捕まるかも知れないと計算。でも仕事で遅くなった・・・。最初からつまづく。
そこで作戦変更!築地が近くにあるのでトラックを捕まえる事に。

最初は築地の側の首都高「汐留IC」で待ちかまえるが1時間30分捕まらず。そりゃそうだ、深夜にそうそう長野行きの車なんてあるわけない。
あきらめモードに履いている時に、今回長野で合流予定の関西のクライマーよりTELが入った。「調子どお?」「あかんわぁ」なんてやりとりで余計不安になる。
 
そこで切り札の築地市場に殴り込むことにした。競りが終わって早朝には関東圏へトラックが続々出ていくだろうとの目論見。

早速築地市場の受付で中に入って良いか聞いた。
すると「今日は休みですよ」・・・・・・
なんてこったい。そりゃGWだよ。僕だけ休みな訳じゃない。ショックだけどとりあえず市場の中に入って行く。ちらほらとトラックはいるがどれも千葉ナンバーばかり。逆だぁ。途方に暮れた僕はとりあえず露店でマグロ丼を食べることにした。何故かセリが休みでも丼屋は営業していた。しかも深夜である。丼を食べながら聞き込み開始。どうやら長野方面の車は近くの銀座口から首都高速にのるらしい。かなり有効な情報だ。歩けば10分ちょっとだ。これで次の手が決まった。

一服して早速銀座でヒッチハイク開始!!手詰まりを感じ始めた所、なんと開始10分でレガシーが止まってくれた。やったぁぁぁぁぁ!
車「何処まで行くの?」
自分「中央道方面です。」
車「大阪に行くけど東名か中央か迷ってるんだよなぁ。」
自分「そうなんですか。中央道にしましょうよ」
車「そうやね。そのつもりで止まったしね。」

僕のプラカード作戦の効果だ。 

そんな訳で2時間30分かけて1台目をゲット。

車はドライバーだけで大阪から福岡まで行くとの事。大変だぁ。僕は眠くならないように旅の道連れに丁度良かったのかも。

この方、結構運転が荒く車間距離が詰め詰めだった。眠いのかなぁ?と思いつつ車間距離が詰まると、とにかくしゃべるようにした。すごく親切だが強面のためちょっと警戒心を持つ。

途中パーキングに止まっていきなり
車「兄ちゃん、ゴミ捨ててきて」と言い出した。
断りづらいが、車を降りた瞬間トンズラされたらどうしようって
正直思った。そんな気持ちを察したかのごとく
車「おいていかないから安心して」と言われた。

そうまで言われたら行かないわけにはない。
自分「いいっすよ。」と言ってゴミを捨てに行った。

よくヒッチハイクは乗せる側のリスクが話題になるが乗る方のリスクもかなりある。何処に連れて行かれるか解らないし、身ぐるみはがれる可能性もある。

ちょっとドキドキしたがもちろん何もなかった。ちょっと疑った自分が後ろめたい。

まあ、そんなこんなで時間は過ぎ目的の須玉ICの手前の双葉SAでおろしてもらうこととなった。途中かなり寝そうになったが「寝ちゃ駄目だ」と言い聞かせてとりあえずしゃべってた。ヒッチハイクして目的地まで寝てたらいかんでしょ。

最後は気持ちよく別れた。もう空は明るくなっていた。

::::2台目::::
2台目は直ぐ捕まった。SAの真ん前でプラカードを掲げた瞬間目の前にいる夫婦が興味を示した。間髪入れず交渉に入った結果、乗せてくれることになった。夫婦の目的地はこれまた大阪。大阪出身の僕は話題に事欠かなくて助かった。車はなんとセルシオ!いいねぇ。ちょっとVIPになった気分。この方の訪問先はなんと大阪の東大阪市。オヤジが努めている会社の直ぐ側である。縁がある。

この夫婦は「特に旦那」、夫婦ではつまらないらしく旅の友がほしかったらしい。
車「ふたりじゃ息が詰まる・・」みたいなことを言われた。

僕にとってはありがたく話し相手になる。旦那さんは良くしゃべる人であやうく降りたいICを通り過ぎる所だった。
自分「すいません、ここで降ろしてください。」
車「えっもう着いたの。」
と残念そう。

ここで
「ちょっと寄り道しません?」とでも言えば展開が変わったのかも知れないがその時は思いつかず、高速道路の真上で降ろしてもらう。

::::3台目::::
こともあろうか高速道路の上でヒッチハイクを再開したわけだが、料金所に近寄れば、係りに見つかって危ないヤツということで何か言われるから、出口の分岐当たりで始める。が、出口の分岐ではまだ速度が速く止まれるはずがない。仕方なく路線バスの出口から国道に出ることにした。しかし道に迷い反対に行ってしまう。ギア満載のザックを担ぎかなり歩いた。もうくたくた。やっとのことで国道まで出れたが、眠さと疲労のため歩道に大の字で寝ころぶ。行き交う人が見つめるが気にならない。15分位休んだ後ヒッチハイク再開。運良く5分くらいで捕まる。

軽井沢行きの50代夫婦が拾ってくれた。車はエルグランド。またもやファーストクラスである。夫婦は静岡の人で昔から良く軽井沢に来ているらしい。清里の昔話を聞きながら快適にドライブ。清里駅周辺は昔タレントショップなどが並んでいたが今は無く寂れてしまったとの事。

色々話している内にJR野辺山駅周辺に到着。

::::4台目::::
JR野辺山駅はJRの駅では最高地点らしい。が、電車男ではないので特に感動するわけではない。とえいあえずヒッチハイク再開といきたいがおなかが減ったので駅前の軽食家でうどんを食べる。そこでたまたま前にいたおっっちゃんがクライマーだった。ラッキー!期待したが小川山には行かないらしい。残念。

代わりに道を教えて貰いヒッチハイクしやすい場所へ移動。待つこと5分。背後から忍び寄るダンプカーから声がかかった。

ダンプ「兄ちゃんちょっとまっとけや、堆肥積んできたら乗っけてやるし」
自分「ほんまですか?よろしくおねがいします。」


と言うわけで4台目ゲットかなり順調!でもクライマーじゃないから小川山まで行けるのかどうか????

待つこと10分
来たよさっきのダンプが。早速乗っけて貰ったが、堆肥を畑に運ぶ途中みたいで、中間地点の川上村の居倉って所までしか行かないらしい。でもかなりありがたい。この辺はレタスの生産が日本一で一面レタス畑でだった。

このおっちゃんとはクライミングと農業の話で盛り上がる。なんとおっちゃんはクライミング経験者だった。岩根山荘で登ったことがあるだけじゃなくて、岩根山荘の人工壁の施工も手伝っていたらしい。おおっすごい!どうりでクライマーに親切なわけだ。クライミングは何度か岩根山荘で鈴木昇巳さんに教わったらしい。鈴木昇巳さんを知らなかったが後で調べてみればエベレストにも登った有名なお方でした。

話が盛り上がった所でお別れとなった。裏表のない良いおっちゃんで、もう少し話していたかったが残念。

::::5台目::::
最後の5台目も直ぐに見つかる。ダンプを降ろして貰った所にガソリンスタンドがあった。そこのおばちゃんと話してる時に幌付きの2トントラックが止まってくれた。すかさず交渉。なんと暇らしく金峰山荘まで行ってくれることになった。なんとありがたい。

この間仲間から電話があった。迎えに来て貰おうと思ったがヒッチハイクでフィニッシュしたかったから、「待っといてや、もうすぐ着くし」と言って電話を切った。ここまで来たら行くしかない。

ドライバーは僕と同じ歳くらいの兄ちゃんで農業をしているらしい。昨日雨が降ったのだが、レタス畑は雨の後には畑が荒れるために入れないらしい。それで暇をもてあましていたよう。昨日の雨に乾杯!

やっと目的地まで行けるのでほっとした。既にヒッチハイクを始めて8時間を過ぎていた。

この兄ちゃんに聞いた所、地元の人でクライミングをしている人はいないらしい。こんなすばらしいエリアがあるのにもったいないと思った。兄ちゃん自身、廻り目平のキャンプ場に行くのは中学校以来だったよう。話している内に意外な事が解った。4台目のダンプのおっちゃんと知り合いらしかった。びっくり!

しかもダンプのおっちゃんはスピードスケートの先生らしく、お兄ちゃんはおっちゃんの生徒らしい。更にびっくり!失礼だがダンプのおっちゃんはちっちゃい小太りのおっちゃんだったから本当にびっくり。ホンマ滑れるンかなぁ?多分昔は凄い選手だったに違いない。

やっぱり田舎は狭いよな。

トラックに揺られること約30分。やっとキャンプ場に着いた。既に9時間を過ぎていた。つかれた~。

早携帯電話は圏外なので、早速仲間のキャンプ場を探す。運良く直ぐに見つかって合流!

無事ゴールできました。ホントにつかれたぁ~。もうくたくた。ホンマに今からクライミングすんのって感じだった。でも岩を目の前にして我慢できるはずもなく、結果4日連続のクライミングとなった。 

今回のヒッチハイクで感じたことは、世の中捨てたモンじゃないってこと。良い人はまだまだ一杯いるよ。その事を十分に感じさせてくれる旅でした。

ヒッチハイクのポイント

①怪しまれない格好をすべし
②車が止めやすいポイントですべし
③プラカードは必須
④時間を考えろ
⑤高速道路は車をゲットしやすい
⑥信号の側ですべし

また機会があればヒッチハイクにトライしてみます。

皆さんも一度トライしてみて! 

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<更に小川山レポート!写真です。 | クライミングでフィットネス♪ | 小川山>>
コメント
--
色付きの文字太字の文凄い!!
ヒッチハイクってテレビの中のお話かと思っていたのですが・・・。確かに世の中いい人は まだまだいますよね!!
小川山までのヒッチハイクの旅は疲れたでしょうけど とても楽しかったでしょうね(=^ェ^= )やっぱり男の人と女の人ではリスク?も違いますよねぇ。1人でヒッチハイクをした経験がないもので・・・。
楽しいゴールデンウィークが過ごせて良かったですね♬
2006-05-09 Tue 11:47 | URL | いるか #-[ 内容変更]
--
凄い!!
ヒッチハイクってテレビの中のお話かと思っていたのですが・・・。確かに世の中いい人は まだまだいますよね!!
小川山までのヒッチハイクの旅は疲れたでしょうけど とても楽しかったでしょうね(=^ェ^= )やっぱり男の人と女の人ではリスク?も違いますよねぇ。1人でヒッチハイクをした経験がないもので・・・。
楽しいゴールデンウィークが過ごせて良かったですね♬
2006-05-09 Tue 11:49 | URL | いるか #-[ 内容変更]
--
何か間違ってしまって(^_^;)コメント2回も入っちゃいました。ごめんなさいm(__)m
2006-05-09 Tue 11:53 | URL | いるか #-[ 内容変更]
--
無事で何より。お婿に行けない体にされなくて良かったね。
2006-05-09 Tue 12:09 | URL | ポンするめ #-[ 内容変更]
-元気もらった!-
人生最悪の5月連休を過ごしそれをまだ引きずって暮らしていましたが、今日ヒッチハイクの結果を読ませてもらっているうちに悲しみも忘れて引き込まれてしまいました~。充実した時を過ごせて素敵ね。天高く登っていった友人たちもこんな人たちにめぐり会えているといいな。ゴメンナサイ、場違いな書き込みで...。
勝手に元気をもらいました♪
2006-05-09 Tue 12:55 | URL | M嬢 #-[ 内容変更]
--
いるかさんへ
コメントありがとう。確かに女性のヒッチハイクはお薦めできませんね。たまにカップルでヒッチハイクしているのは見かけますが、女性だけってのは見たことがない。

ボンするめさんへ
そちらも気をつけてください。

M嬢さんへ
元気がでて良かったです。仲間を失うことは辛いことですね。僕も去年同じ経験をしました(クライマーではない)。その時はみんなショックでホント凹みました。

あまり気の利いたことは言えませんが、仲間との良い思い出を心に刻み、元気出して行きましょう!
2006-05-10 Wed 05:46 | URL | ぼるびっく #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| クライミングでフィットネス♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。